寺小屋
お問い合わせはお気軽に
0796-26-5379
寺小屋ブログ
No Image

卒業生からのメッセージ

寺小屋塾長の久本です。 今日、本部教室近くの公立高校は、先週の高校入試の後処理業務のため、休校。 寺小屋塾生の高校生たちも、今日はほとんど来ず、開店休業中。 ちょうどそこへ、この春の卒塾生が、お母さん、お兄さんのT君(元 […]

No Image
No Image

公立高校入試本番

寺小屋塾長の久本です。 今日3月11日は、いよいよっ兵庫県公立高校の入試日です。但馬地方には珍しいくらい快晴です。 気温も日中は21度まで上がり、ポカポカ陽気で、ボーっとしてしまうくらいですね。 でも今朝の気温は1度でし […]

No Image
No Image

公立高校入試前夜

寺小屋塾長の久本です。 しばらく大学入試がらみの話題が続きましたが、そうこうするうちに明日3月11日は、兵庫県公立高校入試日です。その準備のために、各高校の授業はお休み。豊岡高校に至っては、来週の水曜日までお休みのようで […]

No Image
No Image

目的を見失った指導の悲劇

寺小屋塾長の久本です。 今日は、かつて実際にあった、笑うに笑えない、ブラックジョークのような話。 生徒「先生、面接の対策お願いできますか?」 私 「ああ、国立大の推薦入試の面接の練習ね。」 生徒「いいえ、明日学校の先生に […]

No Image
No Image

受験に失敗して失うものは?

寺小屋塾長の久本です。 約1か月前、併願校の受験旅行に出発する直前の塾生から、Zoomでの面談希望が入りました。 (少し解説すると、寺小屋は兵庫県の北部の過疎地域にあるので、近くに大学はほとんどなく、多くの生徒が併願で阪 […]

No Image
No Image

進学実績数よりも大切なもの

寺小屋塾長の久本です。 先日に続いて、敢えて書かせていただきます。 かつて、世の中の価値観がある程度安定していた時代には、「生徒に言うことを聞かせ、思う通りの結果を出させてあげることのできる教師」が指導力のある教師でした […]

No Image
No Image

誰のための受験?

寺小屋塾長の久本です。 高等学校の卒業式シーズンですね。塾の本部教室近くの公立高校でも昨日卒業式が行われました。卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。 時期的には、2月25日からの国立二次前期日程の試験を終えて、合格 […]

No Image
No Image

価値観変動の時代

寺小屋塾長の久本です。 15年前のブウログ記事、加筆修正シリーズ。今日は前回の続きです。 先日、二人の但馬人が東大の原型を作ったという話を書きました。 「何を今さら、100年以上も前の話を。時代が違うよ。」という声が聞こ […]

No Image
No Image

東京大学の原型を作ったのは

 寺小屋塾長の久本です。 15年前の私のブログ記事、加筆修正版第二弾。 「東京大学の原型を作ったのは」です。 地域の皆様へ 皆さんは加藤弘之博士と濱尾新博士という二人の人物のことをご存知ですか?  加藤弘之博士は、郷土出 […]

No Image
No Image

なぜ「寺子屋」ではなく「寺小屋」にしたのか

 寺小屋塾長の久本です。  実は私、このHPを作る前に、15年くらい前から、別のところでblogを書いていました。今回このページに引っ越しをするにあたり、昔自分が書いた文章を改めて読み返してみると、当時考えていたことが今 […]

No Image
No Image

不安は頑張りの元?

 寺小屋塾長の久本です。 20年、学習塾をやっているといろんな保護者の方に出会います。 かつて、入塾の面談に来られた時に 「先生、うちの子は絶対に褒めないでやってください!!!」 とおっしゃったお母さんがおられました。び […]

No Image
No Image

私立高校入試スタート

 今日、地元の私立高校の入学試験が行われました。 寺小屋からも、専願・併願含め、数人が受験しました。 幸い、当地方は、今日は珍しく天気も良く、雪の心配もなし。十二分に実力を発揮してくれたものと思います。 朗報を期待してい […]

No Image
No Image

キャンペーン実施中!

ただいま、新入生(新中1、新高1)限定入会キャンペーンを実施しております! 詳細はメールフォームにてお問い合わせください。

No Image
No Image

安心して挑戦してはいけないの?

寺小屋塾長の久本です。 ここしばらく、指導者として私が心がけていることについて書かせていただきました。 あくまで私の私見ですので、ご批判やご異論もあろうかと思います。最終的には、いろんな指導者がいて、いろんな考え方がある […]

No Image
No Image

誰のための指導?

寺小屋塾長の久本です。 前回の続きです。 指導者の立場にあるものが心しないといけないこと。それは、 「自分の指導は、本当に生徒のためになっているか。自分の熱意は、本当に生徒のために向けられているか?」 ということだと思い […]

No Image
1 2 3